サッカー:一気に抜くドリブルテクニック

スポンサーリンク

サッカードリブル

本ページはプロモーションが含まれています

 

「同じスクールの練習なのに、なぜ自分の子供だけ上達しないのかわからない」

「近くに良い指導者がいない」

と悩んでいませんか?

自分の子供が試合で爽快なドリブルでDFを突破しシュートやチャンスを生み出す姿を思い浮かべてください。

あなたのお子さんの、潜在能力が引き出され、やる気と自信がみなぎる姿を想像してみてください。

そうなるための秘訣がここにあります。

 

 

監修者の式田さんは、 現役を引退後、小学生から高校生までを対象に後進の指導を積極的に取り組まれています。

ジュニアの場合、始めた時期や、どのスクールで教わるかで
上手下手を分けてしまう特徴があります。

また、小学生~中学生ぐらいまでは、成長の違いもあり大人以上に体格差に悩む子が多いです。

「小さいから仕方がない!」

「パワーで負けるから仕方がない!」

とドリブルは好きなのに

「DF突破できないのは仕方がない」

と悩む子たちを、

「何とかして、上達させてあげたい!」

「自信をつけてあげたい!」

そう思い、式田さんは試行錯誤を繰り返して練習メニューを考えたそうです。

 

 

その長年の研究成果を体系的にまとめたのが、このプログラムです。

子どもの体は、大人のミニチュア版ではありません。

大人と同じようなトレーニングや技術の模傲は体を壊すことになります。

さらには、子どもが一人で見ても実践できるように、考えやすくてシンプル、というポイントも追求しました。

 

 

考えやすくてシンプルな練習メニューから、「小学生・中学生のドリブル選手」や「あなたのお子さん」は 具体的に何を得る事ができるのか?

その一部をご紹介すると…

  • スムーズにボールを運べない子供への 基礎中の基礎とは
  • ヒールリフトが下手で ボールを奪われてしまう選手の共通点
  • フェイントの効果を倍増する 敏捷性アップのための方法
  • ジュニア選手でも華麗なエラシコが出来る 選手になる練習のコツ
  • 後から習い始めた仲間にドリブルで 負けてしまう選手が陥っている過ちとは?

などなど。

これを忠実に実践し、ドリブルスキルを磨くことで、チームのキーマンになることも夢ではありません。

式田さんほど、“子供目線”で子供が上達の壁になるポイントを研究して指導している人はいません。

そんな彼へ、購入日から180日以内なら、直接質問ができるメールサポートもついています!

子供が試合で活躍する姿を見たい。

それなら、今すぐ実践してみてください!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました