【ゴルフ】年齢に合わせた身体の使い方で若い頃のスイングを取り戻す

スポンサーリンク

ゴルフ

 

「若い頃の体の動きのイメージに体がついてこない
二打目の安定感を身につけたい
スイングフォームのバラつきを直したい
かつての飛距離を取り戻したい
プロの動きは見ても取り入れられない
中年」と呼ばれる歳になり、上達の実感がない

 

こんな悩みを解消します。

真剣なゴルファー程年齢を重ねるとともに、思うようなスイングが出来なかったり、狙ったスコアが出ないなどの悩みが尽きないようです。

そんなゴルファーの方のお悩みを解決します。

  • 年齢に合わせた身体の使い方を知りたい
  • かつての飛距離を取り戻したい
  • 若い頃と同じスイングをしたい

そんな願望を叶えて若い頃のスイングを取り戻す事が可能です。

今すぐその秘密を知りたい方は、一足先にこちら

骨格ゴルフの理論を確立した日本ゴルフ協会ティーチングプロの岸副 哲也さんが飛躍的に結果がでるトレーニングを教えます。

対象としては

『長年ゴルフをやって47歳を超えた人から、47歳になってからゴルフを始めた人』

まで、総合的に、そして結果が出る練習方法を詰め込んでいます。

 

骨格ゴルフ~若い頃と同じスイングができる為の年齢に合わせた体の使い方~【日本プロゴルフ協会ティーチングプロ 岸副哲也 監修】

 

具体的には

  • 身体が硬くなったゴルファーが取り入れるべき、身体の回転方法
  • 飛距離を伸ばすためのコツと練習法とは?
  • 体の硬い熟年ゴルファー必須の上体の使い方
  • 少しでも遠くに飛ばせるドライバーショットを手に入れるための骨格ベース訓練の3つの基本
  • ゆっくりに見えるプロのスイング取得の方法
  • アプローチが安定しない人の共通点

上記のような方法を今回のDVDでは取り上げています。

この方法を実践する事で、

  • 若い頃と同じ体の動きのイメージになる
  • 自分がやろうとしていた動きができる
  • かつての飛距離に戻る
  • 本番でハイスコアが出せる
  • プロと同じ体の使い方が身につく
  • ショットが安定する
  • 短い練習時間で上達する

この「骨格ゴルフ」を本気で実践する事で、年齢に合わせたの使い方をする事で、若い頃の飛距離を取り戻し、コースで思い通りのプレーをする事が可能になります。

最高のショットを打つチャンスは目の前です。

さらに、今回購入頂いた方に対して完全メールサポートが付いてきます。

監修である岸副さんが骨格ゴルフに関する、悩み、疑問に答えてくれるようです。

そしてなんと期間内であれば回数は無制限、特に理論が大事なゴルフなので、やみくもに猛練習するなんて事はしないで、質問しながら練習していく事をお薦めします。

タイトルとURLをコピーしました