水をたくさん飲むとあなたに起こるメリットと適切量・タイミング

スポンサーリンク

水

 

水をたくさん飲むことは多くのメリットがあります。

あなたの身体に起こるメリットについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美肌になる

水分補給による肌の保湿

肌は70%以上が水分でできており、十分な水分補給がなければ肌の乾燥が進み、シワやたるみの原因となります。

水を飲むことで体内の水分が補充され、肌の水分量が増え、肌の保湿力が向上します。

代謝の促進

水を飲むことで代謝が促進され、老廃物が排出されます。

また、代謝が促進されることで、肌細胞のターンオーバーが促進され、新しい肌細胞が生まれやすくなります。

毒素の排出

体内にはさまざまな毒素が蓄積されていますが、水を飲むことで体内の毒素を排出することができます。

毒素が排出されることで、肌のくすみやニキビの原因となる細菌の繁殖を抑えることができます。

血行の改善

水を飲むことで血液の循環が促進され、酸素や栄養素が体内全体に行き渡りやすくなります。

肌に必要な栄養素や酸素が十分に供給されることで、肌が健康的に保たれ、美肌を作り出すことができます。

 

 

便秘解消に効果的

水分補給による腸内環境の改善

水を十分に飲むことで、腸内環境が改善されます。

腸内の善玉菌が増え、腸内の動きが活発になり、便の排出がスムーズになります。

軟便化効果

水分補給が不十分な状態が続くと、便が硬くなり、排出が困難になる便秘になります。

水を飲むことで、便の中の水分が増え、便が軟らかくなります。

すると、排便がスムーズになり、便秘が解消されます。

便通を促進する効果

水を飲むことで、胃や腸の運動が活発化します。

すると、便が腸を通りやすくなり、便通が促進されます。

腸内バランスの整備

腸内環境が悪化すると、便秘だけでなく、下痢や腸内炎などのトラブルが起こります。

水を飲むことで、腸内の環境を整え、健康な腸内環境を維持することができます。

 

 

ダイエットに効果的

満腹感を与える効果

水を飲むことで、胃の中に水分が溜まります。

これにより、脳が満腹感を感じるようになり、食欲を抑えることができます。

また、水分を摂ることで、口の中が潤い、食べ物をより良く噛んで、満腹感を得ることもできます。

代謝を促進する効果

水分不足は代謝が低下する原因の一つです。

水分を補給することで、体内の代謝が活発化し、脂肪の燃焼効率が上がります。

脂肪燃焼を促進する効果

水分不足は、体内の脂肪分解酵素を働かせるためのエネルギーを減らすことになります。

水分を補給することで、脂肪燃焼を促進する働きをする脂肪分解酵素の働きを高めることができます。

余分な塩分を排出する効果

過剰な塩分は、水分を体内に留め込み、むくみの原因となります。

水を飲むことで、余分な塩分を体外に排出することができ、むくみ解消にもつながります。

健康的な体調維持の効果

ダイエット中は、栄養不足やストレスなどで免疫力が低下し、体調不良になることがあります。

水を飲むことで、体内の老廃物を排出し、身体の調子を整えることができます。

 

 

脳の機能がアップする

脳の水分量を調整する効果

脳は、約80%が水分で構成されています。

水分不足になると、脳細胞が縮んで脳の機能が低下するため、水分補給が必要です。

水を飲むことで、脳の水分量を調整し、脳の機能を維持することができます。

酸素や栄養素の輸送を促進する効果

水分不足は、血液の循環を悪化させるため、脳への酸素や栄養素の供給が低下します。

水を飲むことで、血液の循環を促進し、脳への酸素や栄養素の輸送を促進することができます。

集中力や記憶力を向上させる効果

脳は、疲れやストレス、睡眠不足などで疲れやすくなります。

水分補給によって、脳が活性化され、集中力や記憶力が向上するとされています。

脳の老化を防止する効果

脳は、酸化ストレスによって老化してしまうことがあります。

水分不足は、体内の抗酸化作用を低下させるため、脳の老化を促進することにつながります。

水を飲むことで、体内の抗酸化作用を高め、脳の老化を防止することができます。

 

 

免疫力がアップする

毒素の排出を促進する効果

水を飲むことで、体内に蓄積された毒素や老廃物を排出する効果があります。

毒素や老廃物が体内に蓄積されると、免疫力が低下するため、水を飲むことで免疫力を維持することができます。

血液の循環を促進する効果

水を飲むことで、血液の循環を促進することができます。

血液の循環が促進されることで、免疫細胞が全身に効率的に運ばれ、免疫力が高まるとされています。

粘膜を保湿する効果

水分不足になると、粘膜が乾燥してしまい、細菌やウイルスの侵入を受けやすくなります。

水を飲むことで、粘膜を保湿し、免疫力を維持することができます。

抗体の生成を促進する効果

水分不足は、体内の抗体の生成を低下させるため、感染症などの病気にかかりやすくなります。

水を飲むことで、体内の抗体の生成を促進し、免疫力を高めることができます。

 

 

疲労回復に効果的

脱水症状を改善する

適切な量の水分を摂取することで、体内の水分バランスを正常に保つことができます。

一方、水分不足によって脱水症状が起きると、疲労感や集中力の低下などが現れることがあります。

水分補給によって脱水症状を改善することで、疲労回復につながるとされています。

筋肉の機能を改善する

運動によって筋肉が疲れた場合、筋肉内の水分量が減少し、筋肉の機能が低下することがあります。

水分補給によって筋肉内の水分量を増やすことで、筋肉の機能を改善し、疲労回復につながるとされています。

血液の循環を促進する

適切な量の水分を摂取することで、血液の量が増加し、血液の循環が促進されます。

これによって、栄養素や酸素が体内の各部位に適切に供給され、疲労回復につながるとされています。

老廃物を排出する

尿として排泄される

水を飲むと、体内にある老廃物が尿として排泄されます。

尿は、体内の老廃物や余分な水分、塩分などを含んでいます。

水を十分に飲むことで、尿の量が増え、老廃物を効率的に排出することができます。

汗として排出される

水分不足になると、体内の汗腺が刺激され、汗をかきやすくなります。

汗には、老廃物や余分な水分、塩分などが含まれています。

水を飲むことで、汗をかく量が減り、老廃物の排出を促進することができます。

呼気として排出される

水を飲むことで、体内の老廃物が肺から呼気として排出されることがあります。

特に、アルコールやカフェインなどの刺激物を摂取した場合は、呼気として排出される割合が高まります。

 

 

血圧を下げる効果がある

血液の濃度を下げる

水を飲むことで、体内の水分量が増えます。

これによって、血液の濃度が低下し、血液がサラサラとなります。

血液がサラサラとなることで、血流が改善され、血圧が下がるとされています。

腎臓の機能を促進する

水を摂取することで、腎臓の機能が促進されます。

腎臓は、体内の余分な水分や塩分を排泄することで、血液中の水分や塩分濃度を調整しています。

水を摂取することで、腎臓の働きが活性化され、血圧を下げる効果が期待できます。

血管の拡張を促進する

水を摂取することで、血管内にある細胞が水分を吸収し、血管が膨張することが知られています。

これによって、血管の拡張が促進され、血圧を下げる効果が期待できます。

 

 

肝機能を改善する

肝臓のデトックス機能をサポートする

肝臓は、体内の有害物質を排出するデトックス機能を持っています。

水を摂取することで、体内に蓄積された有害物質を薄めて、肝臓のデトックス機能をサポートすることができます。

血流を改善する

水分不足の状態では、血液が濃くなり、血流が滞りやすくなります。

血流が滞ると、肝臓に栄養素や酸素が行き渡りにくくなり、肝臓の機能低下を招くことがあります。

水を摂取することで、血液の濃度が低下し、血流が改善され、肝臓に十分な栄養素や酸素が届きやすくなります。

肝臓に負担をかけない

水を摂取することで、尿を多く排出することができます。

尿には、体内に蓄積された有害物質や老廃物が含まれています。

尿を多く排出することで、肝臓に負担がかからず、肝臓の機能低下を防ぐことができます。

水をたくさん飲む際の適切な量やタイミング

一日に必要な水分量は、個人差がありますが、一般的には男性で2〜3リットル、女性で1.6〜2.2リットルと言われています。

ただし、運動量や気温、体調などによって必要量は変わるので、自分に合った適量を意識して飲むようにしましょう。

水分補給のタイミングは、常に喉が渇いた時に飲むのが良いとされています。

ただし、運動中や外出先などでは、喉が渇く前にこまめに水分補給をすることが重要です。

また、就寝前は適量を飲んでおくと、朝起きた時に体内の水分不足が解消され、スッキリと目覚めることができます。

飲み方は、一度にたくさん飲むよりも、こまめに少しずつ飲む方が良いとされています。

また、氷水よりも常温の水やぬるま湯を飲む方が、体にやさしいとされています。

飲み物としてコーヒーやお茶も良いとされますが、カフェインや糖分が含まれている場合は、適量を守るようにしましょう。

最後に

人間の身体は60%水で出来ていると言われているため、体内の水を循環させることが様々なメリットをもつことは納得できます。

ただ飲みすぎというケースもあり、適切な量も個人差があるため自分の身体と相談しながら、可能な限り毎日水を飲むようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました