キャッシングとカードローンの意味と違いについて

カードの罠

最近は、キャッシングローンと、カードローンはの意味が同じものになっていて、差がなくなっています。

また、キャッシングは消費者金融での借入の意味で使い、カードローンを銀行での借入の意味で使うこともあります。

月々の生活費が今月は少し足りないとか、ほしい物があるけれどお金が足りないといった時には、お金を借りてその場をしのぐ方法があります。

 

スポンサーリンク

 

現金を用意するための手段として、銀行や、消費者金融会社から融資を受けるという方法があります。

年収が分かる書類と、本人確認用の書類の写しを準備して、銀行や金融会社の窓口で申し込み手続きを行います。

パソコンのサイトや、スマホのアプリで、キャッシングの申し込みも可能になっています。

提出する書類は写真に撮るなどして送付します。

多くの人がインターネット環境に親しむようになって、ネットを用いたキャッシングサービスが隆盛を誇っていますが、かつては、キャッシングとは全く違うものでした。

本来の意味は、借りたお金の全額分を翌月に一括して返済することがキャッシングであり、その意味で今のキャッシングはカードローンとほぼ同じ意味になっています。

 

スポンサーリンク

 

キャッシングでお金を借りた場合には、翌月に全額返済しなければならないというわけではありません。

月々の返済金を多くすれば完済までが早いですが、全額返済に時間がかかっても、少額ずつの返済にする人もいます。

現金が必要な時に金融会社からお金を借りるという意味では、キャッシングとカードローンは共通しています。

滞りなく返せる範囲でのみお金を借りることが、キャッシングやカードローンとつき合う上で重要です。

タイトルとURLをコピーしました